ワーキングマザーの叫び「共働きだけどワンオペ育児!」その実態3パターンまとめ!

ワーママだけどワンオペ

ワーキングマザー(以下ワーママ)とは、共働きのお母さんを指します。

日中保育園に預かってもらい、夕方から朝まで夫と一緒に育児するんでしょ?ワンオペではないよね?と思ったあなた、甘い!

「共働きだけどワンオペ育児!」その苛酷な実態を説明します。

スポンサーリンク
スポンサーズリンク

共働きなのに、毎日残業で帰宅が遅い!

たまの飲み会ならまだ許せるかもしれないけれど、毎日毎日残業続きで10時帰宅。
子供は寝てるんですけど…!
しかも10時に帰ってきて晩御飯作れ(怒)?
どこかで食べてきて欲しいですよね。

共働きなのに、夫が単身赴任・出張で不在がち!

これも辛い。

夫が不在だと、24時間子供の送り迎え、弁当作り、支度、寝かしつけ、家事…全て自分でやる必要があります。
元気な時はまだ頑張れるかもしれない。でも、妻が体調を崩した時はどうしたらいい?
頼れる人(実家や兄弟など)が近くにいればいいのですが、転勤も多いこのご時世、実家の近くに住んでいる方ばかりでは無くなってきました。

特に単身赴任ということはほぼ365日家にいない…ということ。平日のあれこれも、土日の遊び相手も全部自分。いつ休んだらいいのでしょう?

単身赴任が嫌ならついていけば?」10年5年といった長期なら付いていってもよいとは思うかもしれません。ただ、半年・1年で付いていく決断をするのは難しいですよね。短期の単身赴任のために自分の職を失うことは家計にとってもキャリアにとってもいいことではありません

共働きなのに、夫が育児・家事をしない!

最悪なパターンなのが夫の協力が全く無いパターン。
育児は2人でやるものではないのでしょうか。

女性が働き続けるためには、この人は育児や家事に積極的かどうか?まで見極めなければなりません。

スポンサーリンク
スポンサーズリンク